ネットサーフィンで見たもの

誰も共感しないブログ

なぜVirtualYoutuber(Vtuber)が批判されやすいのか?

注意

個人的な話だけの印象論です。

 

なぜVtuberが増えたの?

バーチャルのじゃロリ猫耳狐娘youtuberの「ねこます」さんの影響が大きいように思います。個人でVtuberができるのを示して、有名になりコンテンツとして成功してると思います。個人でやっている人は、手軽にできる時代になりました。MMDが得意な人は3Dで体を作ったり、絵を描ける人は2Dのイラストを動かしている印象です。

後はトーク力や声質などがあれば失うものがありません。

 

なぜVTuber業界が衰退しているように見えるの?

クオリティの低いVtuberが多くなりました。チャンネル登録者数が少ない人も可視化されてきたので、衰退しているように見えます。キズナアイ的な存在は、ニコニコの生主のようなコンテンツと同じではありません。

ライブ配信ばかりの生主タイプと編集された単発動画タイプでは区別しなければいけないように思います。Vtuberの中でもジャンルが違います。

youtube全体では発展しているので、VTuber業界は衰退してはいないのではないかと思います。

でも増えすぎて共倒れしてるんじゃない?

ありえる話だと思います。企業がしているアカウントでもチャンネル登録者数が少ない場合もあります。しかし、Vtuberはどこから産まれたかを考えると、声優や生主をしていた人も多いのではないのでしょうか。それを考えると新しい受け皿としてVtuberができたのは悪いことではない気がします。

共倒れと言うよりは、新しい仕事としてVTuberをしているのではないのでしょうか。むしろ、Vtuber専業の方が少ないと思います。

なぜvtuberが嫌いな人が多いのか

ツイッターなどでファンとのやり取りが盛んに行われているからだと思います。神格化されているVtuberと信者の構図がわかりやすいです。また、声を聞いてみると声優とは程遠いひとやメタ発言で安っぽい人も多いですから。

例えが悪いですが、初音ミクのような電子音声が苦手な人は多いと思います。だって機械の音声は気持ち悪いから。これと同じように、Vtuberは生の人ではない役を演じた何かだと受け取ってしまうのではないのでしょうか。目立てば批判はされるものです。

 

あなたの周囲にVtuberが好きな人はいますか?

結局は、実際に流行っているかどうかはこれです。私にとっては新しいコンテンツとして流行っています。もちろん友人間でも話題のネタになります。

アニメからVTuberに移動していると感じます。

 

Vtuberが嫌いなのは誰だ?

高校生以下の人からしたら、長渕剛のファンにであるおじさんおばさんは理解できません。おじさんおばさんからしたら、イラストなどのファンになることは理解できないのでしょう。

また、いわゆるオタクのための存在なので、非オタには関係がありません。

 

結局は何が言いたいの?

若者の車離れ、ビール離れのような話でだから何なの?という印象です。好きな人はいるけれども、衰退してるんじゃない?自分には関係ないよのスタンスでいいとおもいました。

一人のファンとしては、まだ伸びる要素がある気がする。でも日本全体で衰退してるから無理なのかもしれない。

 

 

ということで自分はこんな活動をしています。

www.youtube.com

 

チャンネル登録お願いします!!!

こんなこと言うから嫌われるんですよね。

 

以上です。