ネットサーフィンで見たもの

誰も共感しないブログ

イッテQの放送している時間にマンションのセールスが来た。

イッテQの放送している時間にマンションのセールスが来た。

扉を開けた理由

スーツの男が日曜日の午後8時に訪ねてきた。
はじめは宗教の勧誘か、宅配だと思った。

怪しい。しかし、私は実家暮らしの学生ながら、家にいるのは私ただ一人。 向こうもコンニチハとしか言わない。

コミュニケーション力5のゴミな私は扉を開けた。普通は相手の事を誰か聞くのが正解だ。

それと同時に私の数少ない番組である世界の果てまでイッテQの放送時間なので、若干機嫌が悪くなっている。

誰なんだ

男「こんちはち、○○(会社名)の田中(仮名)と申します。」 と名刺を差し出しながら言われた。
その会社名から、あっ、セールスとここで感づいた。

ちなみに私は宗教の勧誘をされたい欲求がある。若干、期待していた。
しかし、宗教に入りたい気持ちは全くない。

そもそも、この時間に一般家庭を訪問するのはどうなのだろうか。明らかにこの時間を狙っている。日曜日の夜に来ている田中さんが不憫だ、とも思ってしまいます。

彼の人生に何があったのだろうか。

彼の人生には何があったのだろう。優しそうな好印象の30歳くらいの男性だ。 おそらくセールスなんかしたくないが、超笑顔で私に話しかけてくる。 私は、セールス

イッテQの時間に訪問するのは良くない

好きな番組の途中で訪問してくるのは非常に印象が悪い。

日曜日の夜に訪問にきて頑張っている雰囲気をかもし出しても、まったくの無駄だ。

まとめ

今回の教訓から得られたことは、セールスに来る時間とテレビ番組は考えた方がいいんじゃね?ってこと。 日曜にセールスをするなら、面白くない番組ばかりの昼間の方がいいと思いました。