ネットサーフィンで見たもの

誰も共感しないブログ

趣味と金

こんにちは。 吉四六です。

趣味について考えました。 今まではアニメを見たり、ゲームをしたりといった趣味ばかりでしたが、生産性のある趣味(自分で何かを生み出す趣味)をしようと考えました。しかし、趣味なので自分でやって面白いと思うことでなければいけません。しかもお金もありません。

私の話

今までで興味のあった趣味は、絵をかく事です。いわゆるオタクな絵です。現在も学生です。 大学受験が終わって、運転免許を取り終わった後に思いついたのはこの趣味です。この趣味のいいところは、自分で自分の好きな物を生み出すので、自分で完結できます。

私が他の人よりも優れている点は家にいても楽しいことです。パソコンによって、人生の全て使っても消費することの出来ない量のコンテンツがインターネットにはあります。これを使えば私の人生を終わらせる自信があります。でもなんとなく勿体ない気がする。何か他にするべきではないのかという強迫観念のようなものが自分の中にあります。何かを自分の手で生み出せば、いいのではないかという結論に至りました。

私の尊敬する梅原大吾さんの書いた本にもありましたが、自分が成長していることが勝ということだといった趣旨のことが書いていました。これが出来る趣味がイラストだと思いました。しかし、絵は何がいいか悪いかは一概に決めることができません。自分の評価する基準が全てです。まさに自分で問を立てて自分で解くという状況です。

では趣味として最適な物は何なのでしょうか。 私の基準では、優れた趣味とは、

  • お金がかからない

  • スキルとして何か身につく

  • 時間に制限がない   

という要素が必要だと思います

お金がかかりない

お金がかかるとその分働かなければなりません。 映画が趣味なら、1時間1000円くらいかかります。 旅行が趣味なら1日1万円はかかります。カラオケが趣味なら30分100円かかります。趣味をすればするほどお金がかかります。その分働いてお金を稼ぐ時間が必要です。 他人の趣味に口を出したいわけではないのですが、趣味によって生活が苦しい人も多いのではないのでしょうか。そのような場合には趣味をする意味が理解できません。

スキルを磨く

趣味が仕事になればいいという考え方があります。どう頑張っても仕事にならない趣味もあります。でも、好きこそものの上手なれだと思います。そして、自分が得意だと思うこと以外で成功するのは無理だと思います。 生きるだけでお金がかかります。これをどう回避するかが重要だと思います。趣味で絵を描く、ブログを書くという状況から、なんとかしてお金になればOKだと思います。ヒカキンやうめはらなどになれとは思いません。特殊な例だと思います。

時間に制限がない

時間があって暇という状況は、良い事か悪い事が両方の考え方ができます。暇だから何かしなければ、暇だからとりあえず幸せ。色々なパターンがあります。 私の場合は飽きてしまう事が一番嫌です。何かしたいことがあっても毎日10時間それをしろと言われると、かなりキツイです。ランニングやサイクリングが趣味なら休日だけ10時間とかもキツイと思います。 趣味が登山なら日程も天気を見て調整しなければいけません。バイクなら雪では走る事ができないでしょう。時間的にいつでもできて、制限がない趣味が僕は好きです。

生産性の必要性

アフィリエイトで収入、youtuberとして収入、どれも魅力的。遊んでいてできそう。そんなに甘くない。

ブログを書いたことがないのに、ブログを書くんことが好きかわからない。 動画編集をしたことがないのに、動画作成が好きかわからない。とりあえずやってみよう。

私が始めた動機はそんなところです。でもこの話をすると収入が欲しいと思われます。収入ありきで始めると本当に面白くない。趣味ではなく仕事になってしまう。

まとめ

時は金なりと言います。何に時間を使って金を得るかを考える必要があるように思います。いろいろやって結論が出たら報告したいと思う

どうにも、これらを周囲に理解してくれる人がいない。自分が生きづらいと言うよりも、他人に邪魔されている事の方が気になる。