ネットサーフィンで見たもの

誰も共感しないブログ

志望理由書

志望理由書とはなにか

 この年になったら本音と建前が上手くなっているだろうとという慢心があった。書き始めて見れば、3倍、4倍にも薄めて文字数を稼いでいる気分である。文章力以前に自分の志望理由書を疑う。

 今まで他の同年代の人より考えて生きてきた気分でいたのだろう。そうは思いたくない自分がいる。真面目に生きてきたとは言わないが、やる事はやってきたつもりである。

 第一に、自分で文章を書いてみると思うのはこの読みにくさにである。いままで文章についてはあまり考えない人生だったと思う。みんなはいつ文章とを分かり始めたのだろうか。